歯周病治療

歯周病について

歯周病は決して高齢な方にのみ起きる現象ではありません。
35歳で80%以上の方が歯周病になっていると言われていますが、実は10代のころから少しずつ進行しているのです。
歯周病とは、歯の歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)や歯石の中の細菌によって引き起こされる病気です。
歯と歯肉の境目についた歯垢や歯石から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えているまわりの組織をじわじわと壊していき、最悪の場合歯が抜けてしまいます。

歯周病の危険信号は?こんな症状のあるかたは要注意です

  • 毎日の歯磨きで出血する
  • 歯肉が赤く腫れている
  • 歯肉が何となくゆるんでいる感じがしたりする
  • 口臭が続いていて気になる
  • 何となくどこか、痛い・かゆい・不快だと感じる
  • 歯がぐらつく
  • 歯が伸びてきた
  • 歯の位置が移動してきた

歯周病は最初、痛みを伴わずに進行していきます

これだけのことが初期の段階で、ほとんど無症状で進んでいきます。
「歯が動きだした」「歯ぐきが大きく腫れている、痛い」などの症状が出た時にはすでに症状4のように手遅れになってしまっている場合が多いのです。

ほとんどの人は、歯肉から血が出る。腫れた。
といった自覚症状を感じてからはじめて来院されますが、このような症状があるときは、かなり進行した状態です。

歯周病は歯磨きでは防げません。
毎日の歯磨きをしていれば歯垢の除去はある程度可能ですが、歯石の除去は歯ブラシではできません。
歯石は一度できると歯の周りに軽石のような性状で強固に歯に付着します。

歯周病の治療

歯周病の治療は原因である歯周病菌を除去することです。

  • 物理的な除去(歯石取り)

    歯石とは、唾液中のカルシウムなどが沈着することにより自然に出来ます。
    そして一度付いた歯石は医院でしか除去できません。

  • 内服的な除去(抗生剤の投与)

    当院では歯周内科療法も取り入れています。物理的な除去だけでは歯周病を引き起こす細菌を除去するのは不可能といわれてきましたが、歯周内科療法により除去成功率が飛躍的に向上します。

当歯科医院では歯周病治療を行うと共に、歯周病予防、ブラッシング指導などのお手伝いもさせていただいております。

歯周病と全身疾患

歯周病はお口の中で起こる疾患ですが、
歯周病が原因で糖尿病や心臓疾患などの全身疾患を引き起こすことがあるのは既に確証されています。