矯正治療

矯正治療専門の歯科医師が勤務しております

歯ならびが悪いということは、かみ合わせが悪いということです。
かみ合わせの悪さは、健康面や精神面に多大な悪影響を与えることがわかっております。
悪い歯並びを総称して不正咬合といい、そのデメリットは想像以上に多大です。

歯並びが悪いことによるデメリット

  • 食べ物が歯の間にはさまり、歯みがきがしにくく、むし歯や歯周病になりやすい
  • 食べ物をよくかみ砕けず、胃腸などの消化器に負担がかかる
  • 上下のあごの発育や、顔の成長に影響を与えて、不調和をもたらす
  • 顎関節に負担がかかり、顎関節症になりやすい
  • 咀嚼筋の発達に影響を与え、筋力のバランスが崩れて姿勢も悪くなる
  • 構音機構に影響して、正しい発音がしにくくなる
  • 視力低下の原因になるといわれ、学力や運動能力の低下を招きやすい

これらは肉体的なものばかりでなく、精神的にも大きな負担となります。豊かな顔の表情を大切にする欧米では、健康的で整った美しい歯ならびに矯正することは常識になっています。

歯並びを治す矯正歯科は、病気を治すのと同じように歯の正常な咀嚼機能を取り戻し、健康な身体と心をつくるための歯科治療です。そして治療がすめば、健全な咀嚼器官と共に健康美あふれる笑顔も手に入れることができます。

子供の矯正治療と大人の矯正治療の違い

対象歯の生え代わり状態主な治療装置治療の内容
1期治療 子供
  • ・乳歯列期
  • ・混合歯列期
  • 取り外し式
  • 固定式
  • ・顎(あご)の成長促進
  • ・抑制/歯列弓の拡大
  • ・癖の除去
2期治療 大人
  • ・永久歯列期
  • ブラケット
  • マウスピース
  • ・歯の移動
  • ・顎の成長をコントロール

混合歯列期とは、歯の生え代わり時期。乳歯と永久歯が混在する状態。
永久歯列期とは、すべて永久歯の状態。

症例集

  • 矯正治療の症例
  • アップライトの症例(曲がって生えた歯をまっすぐにします)