メタルフリー治療

日本では、ほとんどすべての歯科治療を保険で受けることができます。しかし、保険診療では、治療にもちることができる歯科素材に制限があり、ほとんどのケースで金属が用いられています。
最近では、この金属を用いることで多くのデメリットが報告されており、金属を使わない治療、メタルフリー治療に力をいれています。

セラミックインレー

保険適用ですが、目立つのが欠点です。対して、セラミックなら強度と美しさを兼ね備え、耐久性もあります。耐久性が落ちますが、樹脂(レジン)にすれば白い詰め物で保険適用での治療も可能です。

パラジウム合金やレジンなら健康保険での治療が可能ですが、歯の残った部分との適合性が悪く、その隙間から再び虫歯になるリスクを抱えています。
セラミックインレーは適合性が高く、虫歯リスクを低減できます。
また、歯の色に合わせてのオーダーメイドになりますので見た目の仕上がりが大変自然になり、かつて虫歯であったことが解らなくなるほどに修復することができます。

治療例

オールセラミックスクラウン

全てセラミックなので極めて自然な仕上がりです

オールセラミックとは、セラミックで作られたインレー、クラウンです。
歯を治療した箇所をきれいにすることが可能です。
歯の色が自由に調節でき、天然の歯と同じような自然な感じを出せます。
また、変色が全く起こらないのも大きな特徴です。
歯と同じ白色なので目立たず、健康的な印象を与えることが可能です。

治療例